全国入札

高知県の入札に参加したい!入札手続きや注意点など徹底解説

「高知県の入札に参加したい」

と考えている企業は多いのではないでしょうか。

高知県など地方自治体の入札を獲得するには、入札傾向を知るのがおすすめです。
過去の入札結果から対策を考えることで、落札により近付くためです。

そこで今回は、高知県の入札に参加する方向けに、重要ポイントをまとめました。

  • 落札に近付く提案を作るための入札傾向分析
  • 募集中の入札情報の探し方
  • 意外と大変な事前準備

などを説明しています。

入札参加の際には、ぜひこの記事をご活用ください!

資料をダウンロードする(無料)


落札に近付く入札傾向のつかみ方

落札に繋がる提案をするには、まず、入札を行う理由や背景を知る必要があります。

そのために必要な情報は、過去の入札結果です。

なぜ理由や背景、過去の入札結果情報が必要か、説明します。

地域の実情を知ろう

入札案内はとてもシンプルです。
最低限の情報は書かれていても、入札が開催される行政側の理由や背景は詳しく書かれていません。

落札に繋がる提案をするには、その地域の実情や落札者を選ぶポイントを知っておくことが必要です。

入札における落札者選定では「価格の安さ」も重要ですが、それだけではありません。
現在、地方自治体の入札では価格だけでなく、「品質」も比べながら落札者を選ぶ方式を採用しているところがほとんどなのです。

それでは、落札者を決める「品質の高さ」とはどういう意味でしょうか?

それは、「地域の課題をよりよく解決してくれること」

まず現在の地域の実情を知った上で、地域の課題を解決する方法を提案する必要があります。

地域の実情と入札傾向の関係

ここで「入札を開催しよう」と決めた、行政側の立場になって考えてみましょう。

地方自治体の首長(都道府県知事・市区町村長)は、選挙で地域住民から選ばれます。
そして行政の職員は、地方自治体の首長の方針と法律条例などの決まりごとをもとに仕事をしています。

数多くある入札も、すべて「地域の方々が困っている問題を解決するため」に取り組まれます。

そのため、行政側としては、ひとつひとつの入札で落札者を決めるときも、提案内容を地域住民に説明して納得してもらえるか?を考えるのです。

地域の問題を解決する、かつ地域住民の納得できる提案が採用されやすいといえるでしょう。

地域の実情は、地域の特性がいくつも重なりあっています。

例えば、

  • 地形や気候
  • 少子高齢化の進み具合
  • 主要産業
  • 守りたい地域文化や地域の歴史

など。

上記は地域によって大きく異なるため、ターゲットとなる地域の実情を理解する必要があるのです。

入札傾向を具体的に調べてみよう

「地域の実情」を調べるには、例えば次の方法があります。

1,地方自治体の首長の発言や寄稿を読み込む。
2,議会の議題を読み込む。
3,地方自治体から国へ提言した内容を読み込む。
4,地方自治体の長期の政策方針を読み込む。

これらもニーズに沿った提案を作るために大切な情報です。
特に、地方自治体の長期の政策方針は参考になるでしょう。

これらを踏まえて、さらに具体的な入札傾向を読み込むには、「過去の入札結果を調べること」をおすすめします。

過去の入札結果を調べると、

  • 具体的にどのような発注が行われているのか?
  • どのようなライバル事業者がいるのか?
  • 落札した事業者の特徴は?
  • 落札した理由は?

など、重要な情報が手に入るためです。

資料をダウンロードする(無料)


高知県の入札結果の調べ方

それでは一緒に、入札結果のある場所をたどってみましょう。

(出典 高知県

まず「しごと・産業」をクリック。

(出典 高知県

スクロールして、「入札情報」をクリック。

(出典 高知県

下のメニューに入札に関する情報があります。

ここで注意。

高知県の入札結果を調べるシステムは、2つあります。

入り口 内容
高知県電子入札・入札情報システム 建設工事・委託業務など。
高知県物品電子調達システム 物品や備品、印刷物など。

それぞれ見てみましょう。

建設工事・委託業務などの入札結果

(出典 高知県

先ほど開いた「入札情報」のページの「高知県電子入札・入札情報システム」をクリック。

もしくは「一般競争入札(公共事業)」をクリックして、次のページの「高知県電子入札・入札情報システム」をクリック。

(出典 高知県

「入札情報システム入口」をクリック。

(出典 高知県

「入札結果 検索」をクリック。

検索画面が出てきますので、希望の内容で探してみてください。

物品や備品、印刷物などの入札結果

高知県物品電子調達システムへの入り口は2つあります。

①先ほど開いた「しごと・産業」の「入札情報」からたどる方法

の順で進みます。

②総務事務センターのページからたどる方法

トップページの「組織から探す」をクリックし、「会計管理局」をクリックします。

①、②のどちらをたどっても、次のページにアクセスします。

(出典 高知県

「物品電子調達システム」をクリックします。

(出典 高知県

「高知県物品電子調達システム」の「競争結果一覧(一般用)」をクリック。

検索画面が出てきますので、必要な条件を入力して検索してみましょう。

資料をダウンロードする(無料)


高知県が募集する入札情報はどこにある?

募集する入札情報は、「発注見通し」と「発注情報」に分かれています。

発注見通し 正式には募集はされていないけれど、近いうちに募集が始まる入札情報。
発注情報 正式に募集が始まっている入札情報。

※入札参加のチャンスを広げるためには、「発注見通し」もチェックしてみることをおすすめします。

募集されている入札情報は、入り口が2つあります。

入札情報 内容
高知県電子入札・入札情報システム 建設工事・委託業務など
公式サイト「一般競争入札・プロポーザル(公共事業以外)」 上記以外の入札や、プロポーザルなど

1つずつ解説しますね。

建設工事・委託業務などの入札案内

先ほど開いた「高知県電子入札・入札情報システム」を開いてください。

(出典 高知県

「発注見通し」「発注情報」とありますので、気になるものをクリックします。

それぞれ希望の条件を選んで、検索してみてください。

その他の入札案内

(出典 高知県

先ほど開いた「入札情報」サイトの「一般競争入札・プロポーザル(公共事業以外)」を開くと、現在募集中の入札情報が出てきます。

※この他には、「NSJJ入札情報検索サービス」で検索する方法もあります。

入札募集を確認するとき、あわせて活用してみてください。

資料をダウンロードする(無料)


高知県の入札で必須の事前準備は?

実際に、入札見通しや入札案内をチェックしてみて、すでに理想的な案件を見つけた方もいらっしゃるかもしれません。

ただし入札は、そのまま入参加できるわけではありません。

大きく分けると、次の3つの事前準備が必要です。

【準備1】パソコン環境設定・ICカード設定
【準備2】競争入札参加資格の取得
【準備3】利用者登録

それでは、事前準備についてひとつひとつ説明します。

【事前準備1】パソコン環境設定・ICカード設定

これから電子入札を行う場合、いざというときに不具合が出てしまっては困りますよね。

そこで、高知県ではあらかじめ、高知県の電子入札で必要なパソコン環境を指定しています。

例えば、次のような内容です。

  • パソコン本体
  • CPU
  • メモリ
  • HDD
  • グラフィックプロセッサ
  • 光学ドライブ
  • ディスプレイ解像度
  • インターフェース
  • 対応OS
  • インターネット接続環境
  • Internet Explorerの設定

電子入札では、入札者が本物であるかの確認のために、ICカードが必要です。

ICカードを購入する場合には、高知県が指定する民間認証局で購入する必要があります。
民間認証局はいくつかありますので、サービスや費用を比べて選びましょう。

さらに、購入した民間認証局のマニュアルに沿った、ICカードの設定が必要です。

※変更が多い項目ため、必ず最新の情報を参考にしましょう!

【事前準備2】競争入札参加資格の取得

入札の事前準備で最も時間がかかるのが、この競争入札参加資格の取得です。
競争入札参加資格を取得するには、書類を提出して審査を受ける必要があります。

競争入札参加資格では、「落札者に選ばれ契約しても、その契約内容を達成できるかどうか」をチェックされています。

競争入札参加資格の審査を受ける際の注意点は、次の3つ。

✔︎ 1.入札する種類(内容)によって、審査が違う。
✔︎ 2.競争入札参加資格審査は、意外と時間がかかる。
✔︎ 3.事業者の規模や業種によって、提出書類が変わってくる。

ひとつひとつ説明します。

1.入札する種類(内容)によって、審査が違う

入札する種類(内容)とは「工事」「委託」「物品」など、あらかじめ高知県が決めている種類です。

高知県では、競争入札参加資格審査の担当課が複数あります。

  • 会計管理局 総務事務センター
  • 土木部 土木政策課

自分が参加したい入札はどの種類(内容)で、どの担当課なのか、必ず確認する必要があります。

2.競争入札参加資格審査は、意外と時間がかかる

競争入札参加資格の審査は、ひとつひとつの事業者をじっくり審査するため、意外と時間がかかります。

また、書類や添付書類の再提出などがあれば、審査期間が長くなってしまいます。

審査の受付期間や開庁時間に注意しましょう。

3.事業者の規模や業種によって、提出書類が変わってくる

実は、競争入札参加資格の審査では、事業者の規模や業種によって提出書類が変わってきます。

追加の書類作成や添付書類を求められることもあるため、早めの準備を心がけましょう。

【事前準備3】利用者登録

高知県の電子入札に参加する前に、電子入札システムの利用者登録が必要です。

利用者登録は、入札者が確実に本人であるかどうかを確認するために必要な作業です。

内容は、大きく2つです。

✔︎パスワード変更とメールアドレスの登録
✔︎ICカードの登録

このICカードの登録がないと、電子入札システムが利用できなくなるため、注意しましょう。

※ICカードを更新した場合は、必ず更新後に再度の利用者登録が必要です。

入札における注意点

最後に、事前準備に関する2つの注意点を紹介します。

✔︎必ず最新のマニュアルを参考にすること。
✔︎事前準備を早めに始めること。

実は、入札の事前準備に関する決まりごとは、変更が多いです。
様式なども変わってくることがあります。

※必ず最新のマニュアルを確認しましょう。
※またこれらの事前準備は、意外と時間がかかるため、事前準備は早めに始めることをおすすめします。

資料をダウンロードする(無料)


まとめ 高知県の入札を通して、自治体ビジネスのポイントを押さえよう

今回は、高知県で自治体ビジネスを拡大する方に向けて、入札参加のポイントや注意点をご紹介しました。

もっとも重要なことは、「最新版のマニュアル・様式を確認すること」です。

入札業務に関する規則やシステム操作方法は、頻繁に変更があります。

意外と時間がかかってしまうため、早めの事前準備を心がけましょう。

もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

関連記事