入札

「入札の森2」とは?特徴や評判から利用が向いている人を解説

数ある入札情報サービスの中で、入札の森2の利用を検討してはいませんか?

入札の森2は、コストをおさえていち早く入札情報を探したい時に便利なサービスです。

ただ、「入札の森2をよく知りたい・評判をみてから導入したい」と悩む人もいるでしょう。

この記事では、入札の森2の特徴や評判とあわせて、入札の森2が向いている人を解説します。

入札の森2とは、入札・落札検索サービス

出典:入札の森2

入札の森2」は、株式会社ファイブドライブが運営している入札・落札の情報を検索できるサービスです。
検索できる地域に制限はなく、47都道府県すべての情報を検索
できます。

さらに、入札予定広告の検索も可能となのが特徴です。
月1万円というリーズナブルな値段で、満足度の高いサービスを利用できます。

入札の森2における3つの特徴

入札の森2には、以下の3つの特徴があります。

  • 14日間の無料体験がある
  • 操作が簡単
  • 入札予定広告まで閲覧可能

それぞれ解説します。

特徴1.14日間の無料体験がある

入札の森2は、14日間の無料体験があります。

機能に制限がないため、実際に案件を探すことも可能です。

14日間あれば、求めていた内容と合致しているか、確かめることができるでしょう。

特徴2.操作が簡単

入札の森2は、操作がとても簡単です。

初心者でもすぐに使いこなせることができますし、自分の欲しい情報も難なく探し出すことができるため、ストレスも少なくなります。

また、操作方法についてわからないところが出てきてもサイト内にマニュアルが用意されているため、安心して使用することができるでしょう。

特徴3.入札予定広告まで閲覧可能

入札の森2は、入札予定広告も閲覧できます。

そのため、他の企業よりも一歩先をいった情報を集めることが可能です。
先に情報を集めることで、案件に対して準備できるため、案件獲得も有利に進めることができるでしょう。

入札の森2における6つの機能

入札の森2は、以下6つの便利な機能が用意されています。

  • 発注機関・都道府県・キーワード検索
  • AND OR NOT 検索
  • 検索条件保存機能
  • 案件管理機能
  • 自動メール配信機能
  • CSV出力機能

それぞれ解説します。

機能1.発注機関・都道府県・キーワード検索

発注機関や都道府県、キーワードで検索することで、容易に情報を絞り込むことができます。

キーワードで情報を絞りこむ時には、調達案件名や全文で調べることができるため、求めている情報を見落とす心配はありません。

加えて欲しい発注機関の情報も、気軽に問い合わせフォームからリクエスト可能です。

機能2.AND OR NOT 検索

AND検索とNOT検索を利用することにより、自分の欲しい情報をさらに絞り込むことができます。

AND検索では、検索の条件を複数含めることが可能です。

条件1と条件2があった場合、AND検索では必ず条件1と条件2の両方を含んだ条件で検索されます。
検索条件を複数含めたいといった時には便利な機能です。

NOT検索では条件の中から、いらない条件を削除して検索することができます。

NOT検索では、条件1の中から条件2を削除した条件の検索が可能です。
検索条件に含めたくない条件がある時に便利な機能です。

上記の2つの検索では条件を絞り込む時に便利ですが、OR検索では幅広い条件で検索したい時に便利な機能となっています。

OR検索では、条件1と条件2いずれかの条件と合致した検索をすることが可能です。
幅広く検索すれば情報の見落としも少なくなるでしょう。

機能3.検索条件保存機能

検索条件を保存することが可能です。
最大100件までの検索条件の保存が可能で、条件呼び出しというボタンからいつでも保存した条件を見ることができます。

いつも同じ条件を入力している方は、面倒な条件の入力を省くことができるため、ストレスなく検索することができるでしょう。

機能4.案件管理機能

気になった案件は、クリップで止めることができます。
案件名の右側にクリップのアイコンがあるので、すぐにわかるでしょう。

クリップで止めておけば、また一から案件を探す手間がなくなります。
気になった案件はとりあえず保存しておきたいという時に便利な機能です。

ただし、アカウントメンバー内でのクリップの共有はできないので注意が必要です。

機能5.自動メール配信機能

自動で欲しい情報を、毎日1回メールで配信してくれる機能です。

メールの配信設定から検索条件を登録することで、その条件に合った新しい情報をメールで配信してくれます。
配信される時間は毎朝8時で、一回の配信で可能な案件数は10件です。

またパソコンだけではなくスマホにも送信可能になっています。そのため場所を選ばずに確認することが可能です。

検索だけでなく自動で毎日、新しい情報を入手したいという方には、とても便利な機能といえるでしょう。

機能6.CSV出力機能

検索した情報をCSV形式でダウンロードすることが可能です。

検索した案件の上位100件までダウンロードできます。
案件の並び順は、検索キーワードのヒット率、取得日の新しい順となっています。

また先ほど紹介したクリップ機能で保存した案件も、CSV出力可能です。

ダウンロードしたデータはカスタマイズでき、社内で共有したり管理したりすることができます。

入札の森2の料金プラン

入札の森2は、以下の3つの料金プランがあります。

プラン

期間 料金 アカウント数
14日間無料トライアル 14日 0円 1
月契約 1ヶ月 10,000円 5
年契約 1年間 100,000円 5

それぞれ解説します。

1.14日間無料トライアル

14日間無料トライアル」は、入札の森2を14日無料で体験できるプランです。

用意されている機能はすべて使用可能なため、有料プランと同じ感覚で利用できます。

ただし、ログインできるアカウントは1つのみです。

2.月契約

月契約は、利用期間が1ヶ月のプランです。

料金は1万円。
もちろん機能はすべて使用可能です。

アカウントは5つまでログインすることができます。

十分な情報を得た月で利用を中止すれば、余計な費用がかかりません。

3.年契約

年契約は、利用期間が12ヶ月のプランです。

ねん割キャンペーンをおこなっており、1年間10万円で利用できます。

月契約よりも2万円お得なため、1年間継続して利用したいという方は年契約で利用すると良いでしょう。

入札の森2の評判

ここまで特徴や機能を解説してきましたが、利用している人の声も聞きたいですよね。

ここでは入札の森2の口コミを紹介します。

有利に入札が進められるようになりました
うちは地域密着業者なので、これまで入札案件は手動で集めていました。ですが、せっかくいい案件があっても準備期間が足らず落札できないことも……。そのため、入札予定広告もチェックできる入札の森2に登録しました。結果は大正解。準備期間が増えたことで、有利に入札が進められるようになってきました。入札の森2を活用して、もっとビジネスの機会を広げていきたいと思います。(神戸市 通信業 MK)
引用:入札情報サービス比較ナビ

他の企業より先に情報を取得できるのは魅力的ですよね。
この方は、先に情報を得ることによって十分な準備期間を確保・案件を有利に進めることができたようです。

業務効率アップに役立ってくれています
入札初心者なため、できるだけわかりやすい・使いやすい入札情報サービスを導入したいと思っていました。入札の森2は、ホームページの機能説明や使い方がわかりやすかったため選びました。機能は必要十分といった感じで、とても使いやすいです。自動メール配信機能も業務効率アップに役立ってくれています。これから落札できるよう頑張っていこうと思います。(北海道 総合卸業 ET)

引用:入札情報サービス比較ナビ

入札の森2は、操作が簡単です。
すぐに使いこなせることができるため、業務の効率が上がりますし、ストレスも少なく使用できるでしょう。

また、丁寧なマニュアルが用意されているため、操作方法に迷うことはありません。
わかりやすさを重視してる方には特におすすめです。

入札の森2がおすすめな人

入札の森2がおすすめな人は、以下の方です。

  • まずは使用してから検討したい
  • 低コストで大量の入札データを取得したい
  • 情報の入手スピードを上げたい

それぞれ解説します。

まずは使用してから検討したい

入札の森2は、まず使用してから検討したい方におすすめです。

理由は、14日間の無料体験があること。
無料期間でもすべての機能が使用可能なため、有料プランと全く同じ使用感覚で体験できます。

無料期間が長く設定されていることも、嬉しいポイントです。
他の入札情報サービスと、無料期間を比較してみましょう。

上記と比べると、入札の森2の無料期間(14日)が長いことがわかります。

使用方法も簡単なため、14日間あれば継続利用するか判断することができるでしょう。

低コストで大量の入札データを取得したい

入札の森2は、低コストで大量のデータを取得したい人におすすめです。

例えば「入札王」では、全国の情報閲覧で月5万円の料金がかかります。
対して、入札の森2は月1万円で見ることが可能です。

地域を絞って見た場合は「入札王」の方が安いですが、地域の制限なしに情報が見たいのなら入札の森2の方がお得です。

情報の入手スピードを上げたい

入札の森2は、情報収集にAIの技術を使用しています。
AIの技術を使用することにより、早く情報を載せることが可能です。

入札予定広告も閲覧が可能なため、他の企業よりも一歩先をいった入札情報を集めることができます。

最新の情報をいち早く入手したい方に向いていると言えるでしょう。

入札の森2は、気軽に導入できる有料の入札情報サービス

入札の森2は、気軽に導入できる入札情報サービスです。

入札の森2の特徴は、以下4つです。

  • 月1万円というリーズナブルな価格
  • 無料体験期間が14日と長い
  • 閲覧予定広告まで閲覧可能
  • 大量のデータが入手可能

14日間の無料体験があり、操作が簡単、入札情報も充実しています。

入札情報を集めることは大切ですが、その後の自治体営業も重要です。

入札の森2を活用しながら、自治体営業は専門家へ相談することをおすすめします。
もっと伸ばそう!自治体ビジネス無料資料ダウンロード

関連記事